読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うぇでぃんぐろぐ

新婚夫婦のリアル。

夫婦円満の秘訣、我が家の家事分担!

どうも、かつゆきです。

家庭のいざこざの代表格、家事分担。

最近でこそ共働き世帯の増加もあり、家事分担することが一般的になっているようですが、まだまだ夫婦揃っての家事分担はできていないのでしょうか?

そこで今回は、我が家の家事分担の実例を紹介しながら、家事分担することのメリット、初めの一歩としてのアクションについてまとめます!

我が家の家事分担大公開!

家事の大原則!

まず我が家の家事分担の大原則ですが、

気づいたら自分でやる!

です。

それができたら苦労せんわ!という声が聞こえてきそうですが、これが出来ない限り、家事分担なんて永遠にできません。

分担表とかフローチャートとか作って、役割分担を明確にしたところで、片方がやらされている感覚を覚え続ける限り、その計画はいつか破綻します。

家庭は自分たちで作り上げるもの。こう思えるパートナーではない限り、家事分担に限らず何事も成せないでしょう。

掃除

掃除は基本的に妻です。

妻とわたしでは、部屋のキレイさ加減にどれだけ敏感になるかの感度が違います。

妻はわりと綺麗好きな方で、部屋をキレイにすることに楽しみを感じるタイプです。

わたしは多少汚れてても気にならないタイプです。

とはいえ、わたしも気づいたらトイレやお風呂掃除、掃除機かけや窓を拭いたりしますが、綺麗好きの丁寧さには敵いません。

「いや〜、奥さんのお掃除には僕は足元にも及ばないよぉ〜」

とか言いながらゴシゴシ窓ふきしてると、妻も満足気になってくるようです。

洗濯

これも基本的に妻の担当です。

わたしは何も考えず洗濯機にポンポン洋服を入れて、しわしわのまま干したりするのですが、妻は傷みやすいものはネットに入れて、干す時もシワをキチンと伸ばした状態で干してくれます。

わたしが適当すぎるので、妻に時々洗濯を教えてもらいます。

洗濯一つとっても、色々と発見があって面白いもんです。

最近はセーターなど洗濯機で洗えないものを、週末にまとめて手洗いしてます。

料理

料理は平日の夜は妻、平日の朝と休日はわたしの担当です。

共働きなのですが、職種上妻の方が帰宅が早いため、平日の夜妻に作ってもらうことが多いです。

ただ働いてからの料理なので、簡単なものですませ、ムリはしないことを二人のモットーとしています。

朝はわたしが朝ごはんとお弁当を作ります。

とはいっても、一品作る(だいたい卵焼き)だけで、基本前日の夜の残り物になります。

休日はわたしがつくり、時間をかけて美味しいものを用意します。

わたしは料理が趣味で、作ることに楽しみを覚えるタイプ(もちろん食べることも!)なので、負担に感じないどころか、日々を充実させるための大事な要素になっています。

また、楽しみながら作った料理を、妻が美味しそうに食べてくれるのは、格別にウレシいです(´꒳`)

最近は春巻きにどハマりしたみたいで、毎週作ってます。

家事分担することのメリット3つ

我が家の家事分担について紹介してきましたが、ここで家事分担をして感じるメリットを、3つにまとめます。

共に家庭を作っている実感が湧く

家庭は夫婦で築き上げるもの、とはいえ、思ってるだけでは何もうまれません。

共に同じ作業をしたり、二人で分担したりすることで、肌感覚として「二人でやってるんだ!」という実感がわきます。

この感覚があると、家庭はお互い助け合うことが前提となり、ケンカをしなくなります、

お互い得手不得手あって助け合ってるわけですから、怒鳴りあってまで主張する必要がありませんからね。

我が家もケンカらしいケンカはありませんね。

怒られることはありますけど

早く家事が終わる

これも素晴らしいメリットです。

一人暮らしが長かったので特によくわかるのですが、二人で分担するとすぐ片付きます。

逆に実家暮らしだと長くかかって、自分の時間がなくなると感じるかもやしれませんね。

実家暮らしだった方は、是非一度家事全てを自分一人でやる経験をしていただきたいです。

そうすれば、家事分担の効用を実感できるはず。

相手へ感謝を伝える機会が増える

これは格段に増えました。

お互い得意な分野を活かして家事分担しているので、その手間がどれだけのものか想像がつきます。

そうすると、日々家事をしていることに対して、感謝の気持ちが自然と芽生えることが増えました。

また芽生えた感謝の気持ちを、言葉にするのも大事ですね。

1日一回はありがとうといってると思います(言い過ぎて逆にあざといか?)

どうしてもムリ!という人は…

ここまで家事分担することをもうプッシュしてきましたが、家庭の数だけそれぞれの事情は変わってくるというもの、私の考える、まずはここから始めたらどうでしょう?という案を3つ提案します。

まず自分の生活を振り返る

仕事が忙しすぎて家事なんてできません…という方。

やったことがないからできませんという方。

まず第一歩は「自分の生活を振り返ること」だと私は考えます。

自分の生活を振り返り、どれにどのようなサポートを受けて自分の毎日は成り立っているのかよく考察してみます。

そうすると、思った以上に自分は一人で何もやっていけないこと、欠くことのできないサポートは身近にいることがよくわかります。

まずは現状の確認、何事にも増す先立つものと言えるでしょう。

できることはないか?

現状を確認したら、自分にできそうなことをリストアップしてみましょう。

とはいっても、最初から飛ばす必要はありません。

床にゴミがあったらごみ箱に捨てる、ごみの日に玄関にゴミ袋があれば出す、遅く帰った日は洗い物をする、…

できるところから始めましょう。

訓練の時間は必要です

せっかくはじめた家事分担も、途中で折れてしまっては意味がありません。

おそらく家事を始めても、ずっと家事を行っていた方のパートナーはこう思うことでしょう。

「余計な仕事が増えるからほっといて!!」

「寝てる方がずっと楽なんだから、何にも手を付けないで!!」

まぁ、わからんでもないですが、今時ゲームでも最初は操作に慣れるためのチュートリアルが用意されています。

会社でも、新人で入社すれば、研修が用意されているものです。

最初はだれでもできないもの。

ゆっくり、慣れていくことが大事です。

充実した夫婦生活のために

今回家事の分担について、我が家での例も挙げながらそのメリットと、初めの一歩として3つほど具体的な方法を挙げました。

夫婦生活は共同生活です。一人の自由気ままさはないものの、2人で互いに尊重しあいながら、チームでことをなす術を学ぶことができます。

その一環として、家事の分担、非常におすすめです!

ぜひお試しください!